スーパーフードのスピルリナとは何か

Pocket

近年ではスーパーフードと呼ばれるものが多く存在していますが、その中でも魅力的な部分が多いのがスピルリナです。スピルリナとは何か知りたい方も多いと思いますので、ここではスピルリナとは何なのか説明します。

スピルリナとは、単細胞微細藻類に分類がされており、藍藻類の一種と言われています。スピルリナは、濃い緑色の体をしており、らせん状の形をしていることが特徴です。大きさも小さく、幅はわずか0.005ミリから0.008ミリと言われており、長さも0.3ミリから0.5ミリ程です。

こんな小さな生き物ですが、歴史は古くおよそ30億年以上前から地球上に存在している生き物です。スピルリナは、基本的に熱帯性の生き物になるので、日本などでは生息することができません。主に生息している地域は中東やアフリカ、南米などの熱帯地域です。

種類はいくつかあり、約35種類ほどいると言われていますが、どれも繁殖力が強く、栄養の高いものは食用としても利用されています。近年では食用のスピルリナも人気を集めており、スーパーフードと呼ばれるまでに注目を集めています。比較的育てやすい生き物と言われているので、中には人工栽培もされており、比較的安価に入手することが可能です。

このように、スーパーフードと呼ばれるスピルリナについて説明をしましたが、まだまだスピルリナには魅力があるので、このサイトではスーパーフードのスピルリナについて詳しく説明します。